功能聡子

Kono Satoko

ARUN合同会社代表、認定NPO法人ARUN Seed代表理事、がんアライ部共同代表発起人

国際基督教大学、ロンドン政治経済大学院卒。

 

民間企業、アジア学院を経て1995年より10年間カンボジアに在住。NGO、JICA、世界銀行などの業務を通して、復興・開発支援に携わる。

カンボジア人の社会起業家との出会いからソーシャル・ファイナンスに目を開かれ、その必要性と可能性を確信しARUNを設立。

日本発のグローバルな社会的投資プラットフォーム構築を目指して活動している。第三回日経ソーシャルイニシアチブ大賞国際部門賞受賞。

また、がんを治療しながら働く家族を支えた経験から、「がんと就労」問題に取り組む民間プロジェクト「がんアライ部」を発足。

がんになっても、いきいきと働くことができる職場や社会を目指している。